途中で投げ出さない!パソコン教室のかしこい選び方

admin / 2017年7月26日

目的や予算によってマンツーマン/少人数制を選ぶ

パソコン教室は、講師と受講生の一対一であるマンツーマン方式と、講師1名に対して複数の受講生がいる少人数制の個別指導の2パターンに分かれます。マンツーマンの場合、気になった箇所や引っかかった箇所を心ゆくまで指導を受けられます。ただ、その分受講料は高額になります。少人数制の場合、講師が複数の受講生の指導に当たるので、マンツーマンよりも安価。授業の進行はビデオ形式・テキスト形式などの形があります。質問が重なった場合、待たなければなりませんがそれなりに解消できます。前者は年配の方や趣味で高めたい方、後者は学生さんやビジネスマンなど実践にすぐに活かしたいという方におすすめです。

講師・インストラクターと教材のどちらを重視するか

パソコン教室選びで、講師のプロフィールや評判、テキストの充実ぶり、対応しているソフトやOSなど、さまざまなポイントを確認することでしょう。全てが充実しているところは少なく、人気で高額であることも多いです。求めるものによって重視するものを切り替えるのがお得な教室選びのコツです。仕事や学業でバリバリと使いこなしたい方は、講師の質よりもテキストの質を重視しましょう。教材がしっかりしていれば、ある程度の入口さえ修得できれば、自分なりに理解できる範囲が広がっていきます。反対に、ご年配の方や趣味で学ぶ方、自分で勉強できるという自信がない方は、講師の充実ぶりを重視しましょう。そのとき、講師の経歴にばかり注目しないようにしましょう。良い講師・先生とは、全てを知っていることではなく、受講者が何を求め、どこを伸ばさなければならないかを一緒に探してくれる人です。つまり、スキルや経歴よりも人間性を重視することが大切です。

パソコンスクールでは、パソコンの基本的な操作方法から応用できる操作方法まで教えてもらうことができます。

@ 2019 Liberal Education . All Rights Reserved.