知っていると効率アップ!エクセルの便利機能4選

admin / 2017年7月26日

セルの書式設定をすぐに表示する

エクセルでよく使われるのが「セルの書式設定」ですが、いちいちマウスを動かしてメニューをクリックするのは面倒ですよね。そんなときは、[Ctrl+1]を押すと、すぐにセルの書式設定が表示されます。

郵便番号のハイフンを自動で入力する

エクセルで大量に住所を入力しなければならない時、毎回数字とハイフンの入力を繰り返していたら時間が掛かってしまいます。ハイフンをわざわざ入力しないようにするには、範囲を選択してセルの書式設定からユーザー定義をクリックし、種類のフォームに「000-0000」と入力します。そうすると、選択したすべてのセルで数字を「0000000」と入力するだけで、自動で「000-0000」に変換されます。

列の端のセルにジャンプする

大量のデータを入力し、列のだいぶ下までスクロールしていることはよくあります。その時に、列の最初のセルにカーソルを合わせるためにわざわざマウスとスクロールバーを動かしていませんか?[Ctrl+十字キー]を押すだけで、列の端のセルまで一気にジャンプすることができます。例えば[Ctrl+↑]でA-1に、[Ctrl+↓]で列の最も下のセルにジャンプします。

日付をキーボード入力しない

日付の入力は数字と文字を入力しなければならないのが面倒ですよね。また、手で入力すると日付を間違えてしまうこともあります。そんなミスを防ぐためにも、便利な機能を利用しましょう。日付は、[Ctrl+;]を押すだけで簡単にその日のものが表示されます。さらに、[Ctrl+:]でもっと入力が面倒な時間も一瞬で表示出来てしまいます。

CADのスクールでは、建築図や内装の図面、家具の図面なども覚えられます。一度覚えたら、技術職として重宝されます。

@ 2017 Liberal Education . All Rights Reserved.